見本市で活躍したパーテーションをフルに利用できた話

完成度の高いパーテーションで注目度もアップ

見本市のブースをプロに任せてみた完成度の高いパーテーションで注目度もアップ取引先が増えたので依頼して正解だった簡単に間仕切りできるパーテーション

その後は数日間を待つことになりましたが、グラフィックで3種類の素敵な見本を頂くことができ、その中から気に入ったものを選びました。
想像を遥かに超える素晴らしい見栄えを持っていて、これまで利用してきたものは安い木材板を利用してきたのですが、軽量素材で質感が優れていて、設置するにも撤去するにも問題が無いという出来栄えです。
パーテーション部分にも宣伝を行えるようにデザインが施されることになり、ブース内で利用する什器も揃えてもらうことができました。
什器も普通のシンプルなタイプではなく、LED照明を宣伝用として設置をしている看板の役割をした優れものです。
更にブースのエントランス部分の上部にはアーチ状でLEDを活用した看板の設置、ブース裏の壁面に対してもデジタルサイネージを活用した案内を施すことも行われました。
その中には私が求めているものに合わせて作ってもらえたものもありますが、依頼した会社で独自開発をしている汎用性のある宣伝道具も沢山利用することができて、この汎用品については何度も使えるものなので、購入ではなくリースとして安く利用できたことも大きなメリットに感じることができました。
肝心の見本市ですが、各問屋のバイヤーさんが大勢見てくれることにも成功でき、あまりに完成度の高いパーテーションに仕上がっていたので、それだけ注目度が高くなったという事例です。

パーテーションで仕切りを作ろうと思う。

— お黒ぽん酢☆深雪 (@osekihann_k) 2019年3月14日