見本市で活躍したパーテーションをフルに利用できた話

見本市のブースをプロに任せてみた

見本市のブースをプロに任せてみた完成度の高いパーテーションで注目度もアップ取引先が増えたので依頼して正解だった

不動産業やサービス業を行っている傍らで観光土産品をPBとして製造販売業も行っています。
観光土産は地元では国内の観光地の中でも非常に優れていると言われており、年間に2,000種以上もの新商品が各メーカーから販売されている状態です。
私のケースでも工場は持っていないものの、独自開発をした商品を問屋に卸すという仕事があるので、定期的に行われる見本市にも必ず参加をしています。
コンサートができる規模の広いホールを利用して沢山の会社が一堂に集まるというものですが、どのような会社も年々グレードアップしていて、各ブースは魅力ある状態に仕上がっています。
これまで私はDIYでブースを作ってきた背景がありますが、自力では時代に追い付かないことを自覚するようになり、一つ前に参加した見本市からはプロに仕事を依頼するようになりました。
その概要はインターネットを駆使して見つけた会社があるのですが、パーテーションを作ることを得意分野にしていて、尚且つブースの製作にも精通している会社があり、更に予算や都合に合わせた施工をしている会社です。
初めての利用ではまずは、担当者と直接に挨拶をした上で、私が求めているブースの状態や、肝心の陳列する商品まで提示しました。